昭和なつかし館

ゴールデンウィーク?

何それ? おいしいもの?

てなわけで、世間の浮かれた風潮とは無縁の自分です。


そんな中、少ない週末の休みを利用して、会津若松市を訪ねてきました。

この街、ホント素敵です。

鶴ヶ城を中心に、古き良き街並みが現存している。

しかも従来の建物を活かし、中に現代的な店が入居しているから、

レトロ和モダンって感じで観光客も懐かしさ目当てに多数来県している。


道路拡張って名目で、大正~昭和の貴重な建物を根こそぎ破壊、

七日町御殿堰だの山形まるごと館紅の蔵だの、そんな貧相な一施設で

ドヤ顔している、どこぞのお偉いさん方に見習わせてほしいワ~

壊すことにばかり熱心で、魅力的な街なんて作ろうと思っていないから、

駅前~七日町商店街なんてホント息も絶え絶えだし・・・・・・


・・・・・・ああ失礼、自分の街が人災によって衰退していくので、

つい愚痴っちゃいました。 <(_ _)>


で、訪問したのは会津若松市大町にあります、昭和なつかし館。

写真は、グーグルマップから拝借しました。

ご覧のとおり、1階は正真正銘の古道具屋。

食指が動く商品が、多数展示されていました。  o(^o^o) ♪

e0296069_20343574.jpg



店主に入場料 200円を支払い、急な階段を上ると・・・・・・


そこには、狭いながらも、懐かしき昭和の息吹が漂う施設が展示されていました。

e0296069_2029174.jpg



イイね~赤ちょうちん。

e0296069_20291110.jpg



さすがに自分達の上の世代って感じの家だけど、

子供の頃、友達んちに遊びに行くと、こんな感じの家

まだ残っていたもんな。   ( ˶˙࿁˙˵ )ᐝ-

ちなみに、テレビの映像は力道山vsデストロイヤーでした。

e0296069_20291911.jpg



板塀、裸電球の灯、ホーロー看板、いかにも下町って感じでステキでした。

ジュークボックスも現存していて、懐かしき曲が1曲20円で聞けちゃう。

なんとも心温まる施設でした。   (*˘︶˘*).。.:*

e0296069_20292784.jpg



で、ところ変わって、とある御土産屋さん。

こんなお酒を発見。

e0296069_20293611.jpg



ウルトラマンの梅酒、焼酎、柚子酒、

e0296069_20294578.jpg



純米大吟醸酒、純米酒まで。

さすがにこれはハートを鷲掴みにされました。

e0296069_20295532.jpg



全種類、大人買いしたかったのですが、

さすがに家族の視線が痛いもので・・・・・・

純米大吟醸酒、地球侵略だけ購入してきました。

e0296069_2030357.jpg



写真には写っていなかったけど、

麦焼酎 ケムール人の挑戦とか、ナイスなネーミングのお酒もあったんです。

ちょっとこれは反則でしょう。

うる星やつらのお酒と並べて、大切にしよう。   (♥ˊ艸ˋ♥)♬*




.
[PR]

  by myst_1990 | 2018-05-05 21:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://omnibot.exblog.jp/tb/27257538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 十字屋山形店ゲームセンター 身体の毒、心の毒 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE