人気ブログランキング |

部屋を借りたよ!

あちこちで、レトロゲーセンと呼ばれている施設に行った。

それなりに楽しかった。

けど、なんか物足りなかった。

よくよく考えると、一つだけ欠けている要素があったのだ。

「友人」 だ。

高校生のとき、ボクはいつも金欠でピイピイしていた。

だから、よく友人のプレイをテーブル筐体の対面から見ていた。

やられると、あ~あ、なんて云っちゃって、自分の事のように残念がった。

友人が見たことの無い面に進むと、自分のことのように手に汗握った。

今、残念ながら、レトロゲーム好きの友人は近くに居ない。

たむろするゲーセンも無い。

もう、あんな思いをすることは無いんだな、と少し淋しくなった。   (〃´o`)=3 フゥ


山形市にも、レトロゲーム好きが集まれる場所があれば・・・・・・

いや、ボクがゲーム好きの集まれる場所を造れたら・・・・・・

ボクの数少ない筐体は、ゴミゴミジャマジャマと虐げられている。

それも運び込めれば・・・・・・一石二鳥じゃないか!!


ネットの不動産屋で物件を探してみた。

奇跡的に、一件だけ見つかった。  ∑o(*'o'*)o

以前は事務所に使用されていた部屋のようだ。 

小遣いの範囲内で借りられるのが大きい。 ってか、それがすべて。


さっそく不動産屋に電話した。

「もしもし、この物件を見てみたいんですけど」

「ちょっと待ってくださいね・・・・・・ああ、まだ借り手はいませんね。 どうします? 

 ご覧になるなら、大家さんに連絡して鍵を開けておいてもらいますけど」

「じゃあ、◎日の午後◎時頃に」

「それでは、その日に、◎◎不動産までいらしてください」

トントン拍子に話が進んだ。


不動産屋までは、けっこう遠かった。

到着して、部屋の説明を聞いた。

「何か、ございますか?」 と不動産屋が云うので、

「心理的瑕疵はありますか? もしくは、それに準ずる、入居者が嫌がる瑕疵は?」

つまり部屋に幽霊が出たり、自殺者があったかだ。

ボクはそういった事を、非常に気にする。

「いえ、そういった瑕疵はありませんが」

同部屋で自殺があった場合、不動産屋は答える義務がある。

「それと、部屋で音楽を流しても大丈夫ですか? もちろん常識の範囲内で」

「そちらも大丈夫かと。 不安でしたら、現地でご確認ください」

そう云われ、ボクは独りで空き部屋へと向かった。


車のナビを頼りに進んだ。

物件は、すぐにわかった。 外観が、不動産屋で見せてもらった写真の通りだった。

近くに大家さんが住んでいるらしい。

玄関のドアノブを廻すと、すんなりと部屋に入れた。

入口から、奥を眺める。 流しが邪魔だった。

本物のゲーセンでは、流しは裏に隠れている。 ま、それを云っちゃ、贅沢か。

不動産屋の話では、広さが12畳ほどあるとのことだが、そこまで広くなさそうだ。

トイレも合わせての広さかな。


e0296069_9502935.jpg



奥から、玄関を眺める。

悪くない。

一番気に入ったのは、部屋の外にシャッターが付いていて、

道路から大型筐体をダイレクトに入れられることだ。

e0296069_9503960.jpg



すぐに契約しようと思ったが、グッと自分を押し殺した。

少し考えよう。

いくら部屋代が安いといえ、それでも年間数十万円。

他に、電気水道ガス代。(契約するなら)

大丈夫なのか?


数日考えて、仕事帰りに不動産屋に向かった。

「借ります」

かかった費用。

今月の部屋代を日割りで。翌月の部屋代を前払い。管理費。

敷居金1ヶ月分。仲介手数料1ヶ月分。損害保険料。保証料。

なんか、どんどん出てくるよ・・・・・・

契約だけで、軽く6ケタいった。

ボク、なみだ目。   (ノ_-。)

やっぱり、部屋を借りるって大変なんだなぁ。


でも、これでマイゲーセンの下地ができたんだ。

このスペースを有意義に使えれば。


一番の問題は・・・・・・

コレクションが電子ゲーム・パソコンゲームオンリーで、

アーケードゲーム関係をほとんど持っていないことなんだよね。

筐体も、基盤も、チラシも、マーキーも、グッズも・・・・・・


サイは投げられたんだ、ま、どうにかなるさ、と自分に云い聞かせる。

なるかなぁ・・・・・・

  by myst_1990 | 2015-09-23 21:00 | マイゲーセンをつくろう! | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://omnibot.exblog.jp/tb/23703177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sat at 2015-09-23 18:57 x
部屋まで借りるその行動力、すげえっス!
完成の暁にはぜひともお邪魔してみたいです
Commented by fu-jin6 at 2015-09-24 09:21
マジっすあk!?

ちなみに自殺があった場合の告知義務って一つ前までだから、不動産屋が自ら賃貸して…なんて内容を漫画かなんかで読んだことあるようなないような。

いやいや、そんなくだらない内容よりも、凄いっす!
なんか手伝えることを考えたんですが、何も思いつかないっす!
Commented by myst_1990 at 2015-09-25 00:47
>satさんへ。
今は、必死で筐体の掃除をしています。
数十年分の埃とヤニがこびり付いて、汚いのなんのって。
まだしばらく時間はかかりますが、完成した場合、同好の士に解放したいとは考えております。
Commented by myst_1990 at 2015-09-25 00:54
>ふうちゃんへ。
>告知義務って一つ前までだから
えっ?   (((((( ;゚Д゚))))) ガクガクブルブル

>なんか手伝えること
大阪の地から、部屋に心理的瑕疵が無いよう、祈っておいてください。
Commented by yoz at 2015-09-26 13:35 x
はじめまして。行動力に感動しました。私も自宅にテーブル筐体を並べてゲーセンもどきを目指してます。計画の成功をお祈りします!
Commented by myst_1990 at 2015-09-26 18:46
>yozさんへ
こんにちは。はじめまして。

>自宅にテーブル筐体を並べてゲーセンもどきを・・・
それが出来る人が本当に羨ましいです。
狭い自宅には筐体を置くスペースもありませんし、ムリヤリ置いたら家族に何を云われるか・・・(泣)
Commented by yoz at 2015-09-27 13:46 x
目下の課題は筐体購入資金と嫁の目f(^_^)
Commented by myst_1990 at 2015-09-28 23:39
>yozさんへ
>目下の課題は嫁の目
自宅ゲーセンを作るうえで、これは非常に重要なファクターです。女性って物に執着が無いから、業者呼ばれて棄てられちゃったってことの無いよう、機嫌取りだけはしておかないと。

<< 筐体を運び入れたよ! 思い出のゲームセンター 2! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE