人気ブログランキング |

実録、入院日記! 2

実録、入院日記の2回目です。


前回は集中治療棟に運ばれた所で終了しました。

今回は、その続きから。


ベッドに横になっていますが、相変わらず胸が苦しい。

尿道カテーテルも苦痛です。

切った手首には、止血のための透明なバンドが巻かれ、腕を圧迫しております。

枕元では、ピコーンピコーンと、心電図のモニターが絶えず波形を刻んでいます。

苦しかったのですが、とても疲れていたため、結局11時頃には就寝いたしました。

しかし浅い眠りでしたね。

夜間に何度か看護師さんが来て、血圧と体温を測ってゆくんですが、

その度にハッと覚醒してしまいます。



2日目。

朝5時に起床しました。相変わらずの息苦しさ。

しかも、ずっと寝っぱなしだったため、腰が痛いです。

一般病棟のベッドと比べると、空気圧で床ずれを防止する機能が

付いているようですが、それでも痛い。

6時になると、部屋の電気が付きました。

あらためて周囲を観察すると、ここは手術をした患者さんが、

一般病棟に戻るまで、一時的に経過を診る部屋のようです。

面会時間も決まっていて、朝昼晩の3回、家族が15分だけ許されるようです。

まだ食事は許されておりません。ずっと点滴をしているため、喉の渇きもありません。

酸素、尿道カテーテル、心電図、点滴などはいぜん付けたままです。

切った手首にも、鈍い痛みが残っています。

手首を見ると、改めて、ああ入院してんだな~って感じました。


朝、女性の看護士さんが採血に来ました。

こちらは、無事終了。


それから1時間ほど経って、追加で検査するとのことで、再度採血に来ました。

中々血管が見つからないようです。

看護士さんは、こぶしを握るように指示し、腕を摩ったりしています。

そのうち、血管を見つけたのでしょう。

「いきます」

との声が。

自分は、痛いのが嫌なので、目を閉じてあらぬ方向を向きました。

すると、突き出している指先に、なにやら柔らかいものがムニュムニュと当たる感じがします。

なんだろうと思いつつ、チラと見てみると、

なんと、採血している自分の左手が、

若い女性看護士さんの胸を触っているではありませんか。   ψ(*`ー´)ψ

事故です!!

わざとではありません。

なぜなら ↓

下手に血液が流入したりしたら、○○○○の尿道カテーテル周辺がズキズキと痛むので。

ここは平常心……平常心。

色即是空、空即是色……。

けどね、こちらが思うほど、看護師さんは、あまり気にしていないのかも。

尿道カテーテルのバンソーコをり替える際に、こちらの○○○○を平気で眺めたりしていますから。


さて、胸の苦しさが治まるにつれ、早くも退屈が襲ってきました。

安静にしていなければいけないため、ベッドで起き上がることもできません。

近くに看護師さんがいるとはいえ、かまってもらえるわけではないですし。

天井の染みでも眺めようとしますが、現代建築では染みなどありません。

外を見ようとしても、窓も無い部屋です。

仕方なく、落ちてくる点滴の数でも数えようとしましたが、20ほど数えたところで飽きました。


心電図のモニターには、上から脈拍数、血中酸素濃度、呼吸数と並んでいます。

e0296069_22452341.jpg




暇なので、心拍数を77か88のゾロ目に合わせようとして、呼吸を止めたりしました。

一番下の波線は、同じリズムで呼吸すると、同じように波線が描かれるので、

前の線を追っかけるように呼吸を調節したりしました。


う~ん、こうやって書いてみると、いったい入院して何やってんだって感じですね。

ただね、今だからこそこんな風に書けるけど、

入院当時は、もの凄く苦しかったんですよ。

e0296069_23105875.jpg




続く。

  by myst_1990 | 2014-12-21 21:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://omnibot.exblog.jp/tb/22665052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 実録、入院日記! 3 実録、入院日記! 1 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE