広重美術館

山形県天童市にあります、広重美術館を訪問してきました。

確か、隣接する滝の湯ホテルの経営ですね。

入場料は、一般600円。

e0296069_22581745.jpg



なぜ天童市で歌川広重かと云えば・・・・・・

パンフレットに記載してあるものを抜粋します。


【広重美術館のはじまり】

 江戸時代後期、江戸詰の天童藩士や藩医の田野文仲と交遊のあった歌川広重(1797~1858)。当時、天童織田藩は財政が苦しく、藩内外の裕福な商人や農民に献金を募ったり、借金をしていました。その御礼や返済の代わりとして江戸で有名な浮世絵師、広重に肉筆画を描いてもらいました。この一連の作品群が「天童広重」と呼ばれています。当時は200~300幅くらい描かれたといわれていますが、現在天童市近郊で確認できる数はわずかとなってしまいました。こうした広重とのご縁にちなんで、生誕200年にあたる平成9年4月、湯のまち天童に広重美術館が誕生しました。

e0296069_22582488.jpg



しっかりと、天童広重を見てきましたよ。 (*゜∀゜)=3!!


館内は、浮世絵展示室のほかにも、

刀剣の展示、図書資料コーナーなどがありました。

特に図書資料コーナーは蔵書が自分の好みと似通っていて、

一日いても、飽きそうにありません。

この美術館、楽しいな~♪

e0296069_23555448.jpg

[PR]

  by myst_1990 | 2014-11-12 21:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://omnibot.exblog.jp/tb/22564294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 日本農業 一人負け 参加国の輸... ジャッキーチェン 少林寺木人拳 4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE