恐怖、回旋塔!!

最初に申し上げておきます。

子供ってホンと莫迦です。 (もちろん過去の自分も含め)

少し痛い目を見ないと、その遊具の持つ危険性が解りません。


さて、ネットで画像を拝借したこの遊具 「回旋塔」 ですが、自分が子供の頃、

山形3小の低学年グラウンドに設置されておりました。

遊び方ですが、みんなで吊り輪に掴まってクルクル廻る、

遊園地の空中回転ブランコのような遊具であります。

e0296069_1135645.jpg




朧げな記憶になりますが、確か自分が小学校2~3年生の頃に設置。

設置してくれたのは、教育委員会、それとも文部省ですかね?

きっと、子供達が健やかに育ってくれたら、と願いを込めて

設置してくれたんだと思います。


まあ、小学校低学年グラウンドに設置されるくらいですから、

普通に遊んでいれば、そんなに危険な遊具ではないんですよ。これが。

し・か・し、スリルを求める莫迦なガキはどこにでもいまして、

御多分に洩れず、3小でも自分を含めた悪ガキたちが、新しい遊びを考え出しました。

それが、「大波小波」 ・・・・・・でした!!

大仰に云いましたが、たいした技ではないです。

皆で回している最中、地面を蹴って飛び上がったり、逆に身体を沈みこませることで、

回転している傘の部分に、うねりを生じさせるだけ。

ただ、これが楽しかった。

身体がひとりでに空中に飛び上がったり、はたまた地面に着地したりと

よりスリルを感じることができました。

しかし、「大波小波」は止め時が難しい。

小学生は握力が弱いため、疲れて、うねりが一番下にきたとき、

数人がまとめて吊り輪を離したりすると、反対側、空中にいる連中が支柱に激突したり、

地面に投げ出されたりするんですな。


まあ、それだけでも結構危険な遊びですが、悪ガキたちは、

さらに過激な技を研究します。

それこそが 「大回転」 !!

こちらも、たいした技じゃないんですがね。

やり方を紹介しますと、遊んでいる最中、一人ないし二人が、

片手で吊り輪を持ち、もう片方の空いた手で、支柱を抱きかかえるのです。

そして、そのまま力任せに回転。

まあ、それも数回廻っただけで、支柱を離せば、

ちょっとスリルがある遊び、それだけなんです。


しかし、どこのクラスにも、

「あ、こいつ冷酷だ」 って思えるような奴が存在します。

そんな奴が急に大回転を始めると、危険を察知した連中は

すぐに吊り輪から手を離して脱出します。

しかし場の雰囲気を察知できない子が、そのまま吊り輪に残っていたりすると

そこからが悲惨です。

あとは泣こうが、喚こうが、許しを請おうが、その子がぶっ飛ぶまで

大回転は治まりません。


実際、これが最高に危険でして、遠心力でグルグルと回転させられた後、

力尽きた人間が、ロケットのように発射するのですから。

近くにはコンクリートで固められた壁が存在し、そこにぶつかった子は流血し、

ハゲになりました。

運よく地面に投げ出されても、地面がまた意外と固いため

放出された別な子は、のた打ち回って体中が擦り傷だらけになりました。

自分達のグループは、そこまで危険な遊びは行いませんでしたが、

たびたび他のクラスのこのようなシーンを目撃しました。

気に入らない奴にたいし、数人が密談してぶっ飛ばす、なんてこともあったようです。


当然、これだけ危険な遊びですから、いつしか学校側も問題視します。

やがて回旋塔は鎖で縛られて使用禁止となり、

その後、いつしかグラウンドからも撤去されるハメになりました・・・・・・

回旋塔自体が悪いわけではないのに。

やはり悪ガキってのは、殴ってわからせなきゃ
人の痛みに気がつかないものですなぁ。

[PR]

  by myst_1990 | 2014-01-24 21:00 | あの頃、僕らはアホだった | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://omnibot.exblog.jp/tb/21599425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< FM-7 バンダイ サザンクロス 4 FM-7 バンダイ サザンクロス 3 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE