<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

KONAMI SPACE WAR

現社名、コナミよりリリースされました 「SPACE WAR」です。

関連するものは、何も所持していないのですが、どうしても

紹介したいゲームであります。

当時、山形市の城南陸橋下にあった 10円ゲーセン、通称「焼肉屋」に

設置されておりました。

焼肉屋と呼んでいたのは、三小だけですかね?

本当の店名は知りません。

e0296069_16293385.jpg






























インベーダーと同時期の、モノクロ画面が主流だった頃のゲームです。

e0296069_16311091.jpg






























1コインで、VS 人と、VS CPUの選択が可能でした。

人との対戦ですと、「1回目は自分が出すから、2回目は○○君が出してね」と

最初に10円をテーブル上に出し合い、2ゲーム1セットで遊んでおりました。

(そうしないと、絶対にタカる奴が出てきましたから)

e0296069_16301342.jpg





























CPU戦でも、人との対戦でも画面は同一。

人との対戦では、テーブル筐体に向かい合ってのプレイです。

e0296069_16304031.jpg





























操作するのは下の砲台です。途中の障害物を避け、上部の敵砲台を破壊します。

エネルギーの概念があり、レーザーを連続で打ち過ぎると、敵砲台まで

届かなくなってしまいます。

エネルギーはFUELで表示されていますね。

e0296069_16313724.jpg





























持機は5機で、それがすべて破壊されるとゲームオーバーです。

しかし対CPU戦では、敵機が手強く、通常は5~6機破壊できれば良い方でしたね。

プレイ時間も数分で終了と短め。

人との対戦ですと、途中の障害物をすべて消してから撃ち合うなんて

プレイもできましたが。

e0296069_16314892.jpg





























それにしても、この機種を本当の名である、SPACE WARと呼んでいる友達は皆無。

全員がレジャックと呼んでおりました。

だって、通常はタイトルが表示される位置にデカデカと社名が!!

こりゃ、間違いますよ。

(レジャックとは、現在のコナミです)

e0296069_16315710.jpg





























さて、この焼肉屋ですが、さほど広からぬ店内に20台ほどのテーブル筐体が

設置してあるだけの無人店でした。

その他には10円の両替機だけ。

10円が呑まれると、裏の経営母体 焼肉屋に返金してもらいに行くといったスタイル。

無人店のため、当然なことに、貧乏で暇そうな不良がよくタバコを吸いながらプレイしていました。

不良に絡まれたことも多々ありましたが、いつも必殺技を使うため、

金を巻き上げられたことはありませんでしたね。

その必殺技とは・・・・・・

全力で逃げる!!

これに尽きます。

危険な店ではありましたが、10円でプレイできる魅力には敵いませんでした。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-30 21:00 | アーケード | Trackback | Comments(0)

ALBA もぐらたたき/ペンギンゲーム

前回に引き続き、ALBAゲームを。

このゲームも本当に見ません。

需要もありません。(笑)   (;゚∇゚)_

ALBA もぐらたたき/ペンギンゲーム。 ハトの郵便屋さんと同じく、定価4.9K也。

e0296069_14462487.jpg





























こちらもハトの郵便屋さんと同じく、女性向けの小さな時計です。

e0296069_14463623.jpg

















気になるゲームの中身ですが・・・・・・

ハトがペンギンに、封書が氷に置き換わっていますが、

内容は一緒!! キャラを替えただけの使い廻しゲーム!!

流れてくる氷を巣に持ち帰るだけです。

e0296069_1447262.jpg
















e0296069_14471759.jpg
















e0296069_14473333.jpg


















さすがに、2種類購入する女性はいなかったでしょうが、それにしても

天下のALBAさんまで・・・・・・


e0296069_1522597.jpg

















なぜ天下の一流メーカーまでが、クローンゲームを販売してしまうのか・・・・・・




まあ、それは置いておいて、

e0296069_14474715.jpg

















2機種を並べてみますと、ハトの郵便屋さんの方が、

若干大人っぽいのかな。

電子ゲームに興味のない方には、どうでも良い話でしょうけど。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-26 21:00 | 電子ゲーム | Trackback | Comments(4)

ALBA もぐらたたき/ハトの郵便屋さん

このゲームは滅多に見ません。

需要もありません。(笑)   (;゚∇゚)_

ALBA もぐらたたき/ハトの郵便屋さん。 定価4.9K也。

e0296069_14171913.jpg






























女性向けの、小さな時計です。

ALBAと云えば、やはりメンズの時計のイメージがありますからね。

当時はほとんど売れなかったと考えられます。

e0296069_1417538.jpg


















ハトの郵便屋さんゲームですが、上からヒラヒラと舞い降りてくる封書を

タイミング良くキャッチして、ポストへ届けるゲームです。

もぐらたたきは不明。    「(゚ペ)アレ

e0296069_14182319.jpg
















e0296069_14183152.jpg
















e0296069_14184591.jpg
















e0296069_14185584.jpg

















それにしても、フォルムが素晴らしい。昭和の息吹を感じますね。

好きな女性にプレゼントしたいくらいです。

間違いなく引かれるでしょうけど・・・・・・
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-25 21:00 | 電子ゲーム | Trackback | Comments(2)

ロッテアイス クロキュラー

ロッテアイスから発売されておりました、クロキュラーです。

YouTubeに当時のCMがアップされておりました。

e0296069_17405217.jpg

















本体が真っ黒。 非常にインパクトのあるアイスでした。

こんなに赤と黒が似合うのは、クロキュラーとプリンプリン物語のヘドロくらいでしょう。

e0296069_1741091.jpg

















キャラクターはディーンくん。

最近のユルキャラと比べると、どうにも可愛くありません。

e0296069_1741254.jpg

















その後、姉妹品としてアカキュラーが発売されました。

こちらは食べた記憶がないですね。

e0296069_17412166.jpg

















e0296069_17414683.jpg

















CMに出演していた、なんとも怪しいおじさん。

e0296069_17414076.jpg


















いや~、クロキュラー、ぜひもう一度食べてみたいですね。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-24 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

日ペンの美子ちゃん

そういえば、最近この広告を見ませんね。

「日ペンの美子ちゃん」

自分が子供の頃には、雑誌 (主に月刊誌の厚い裏表紙) などに

メチャクチャ載っていたのですが。

しかも、毎回ストーリーを変えて。

e0296069_19222397.jpg

































自分も、あまり字が上手な方ではなかったため、

やってみたいと、密かに考えておりました。

考えただけ!!

小遣いは、もっとくだらない事に、すべて消えていきました。


それにしても、今回美子ちゃんのことを調べてみたのですが、4回も代替り していたんですね。

上記の美子ちゃんだけかと思っていたのですが・・・・・・

いやぁ、歳がわかりますのぉ。   (^口^;)





あ、こんなのもありました。

e0296069_1941897.jpg
































怪しげな器具をカチャカチャと弾くだけで、字が上手くなるエーカン。

今でも思います。

この器具で字が上手になった人って、本当にいたのでしょうか?
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-23 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

アパッチ野球軍⑬

本日はアパッチ野球軍のレビュー最終回を。

(長々とレビューをしてきて、反響が皆無でしたが・・・・・・)

最終話にふさわしい、アパッチ野球軍、いや日本野球アニメ界屈指の  名シーンです。



その極めつけのシーンがこちら。

高校球界の名門校、QL学園との練習試合、このバッターを抑えれば勝利と云う

クライマックス中のクライマックス場面。



e0296069_13365417.jpg
















e0296069_13372238.jpg

















しかし爪が割れ、血染めのボールで力投を続ける網走のボールを

長島似のバッターがジャストミートしてしまいます。

e0296069_13382837.jpg
















e0296069_13392619.jpg

















しかし、そのホームラン性の当たりに対し、モンキーは諦めず、

e0296069_13401439.jpg
















フェンスを飛び越え、

e0296069_13404342.jpg















グローブを脱ぎ捨てると、スコアボードをよじ登り

e0296069_13412181.jpg
















更には時計をも超え

e0296069_13415480.jpg
















スコアボード最上段で

e0296069_13422483.jpg
















魂の捕球!!

e0296069_1343883.jpg
















「ケァー! ワーイ、捕ったどーーー!!」

e0296069_13434194.jpg
















呆気に取られたアンパイアが思わず

e0296069_13442854.jpg

















スリーアウト、ゲームセット!! と絶叫。

e0296069_13451450.jpg


















いや、これはどう考えてもホームランでしょう。

どうやらルールまでもが治外法権だったようです。







4対3、誤審によるこの奇跡の逆転勝利は、読書新聞にも掲載されます。

e0296069_13461218.jpg

















主人公は、この勝利により、山 (猪猿村) を下りることを決心します。

以下は千恵子先生との会話。

「僕の役目は終わりました。僕はアパッチ共を野球というものを通じて人間に立ち戻らせるために、

この村にやってきました。そして彼らは見事に独り立ちできるようになったのです。」

「でも、これからどこへ行かれるんですの?」

「わかりません、北海道の山奥か、太平洋の離れ小島か、きっとどこかにこの猪猿村のように

野球を知らない子供たちがいるでしょう。そんな所があったら、私はまた野球を教えに行きます。

その子供たちが何者にも負けない強い人間に育ってくれるよう祈りながら、一生この仕事を

続けるつもりです」

そして、主人公がフェリーで四国を離れる場面、野球軍の連中が集まってきました。

e0296069_13473370.jpg


















「おいみんな、甲子園で優勝したら、監督を胴上げするんだ。今日は俺たちが優勝したと

同じめでてぇ日じゃねえか。さあ、監督を胴上げにしようぜ」

あれほど対峙していた網走が、胴上げの先頭に立ちます。

e0296069_20343627.jpg
















さらに、校長先生も

「なぁ堂島君、ちょっと。実はその、なんじゃ、君の在任中、わしは何もしてやることが

できんかった。 じゃから、その、土産を一つ持っていってもらいたいんじゃ」

「そんなご心配は」

「いやまあ、荷物になるかもしれんが、これを持っていってくれんか」

と、千恵子先生を押し出します。

「それが、わしの土産じゃ」

校長、孫をモノ扱い。

e0296069_2154511.jpg

















「まあ、おじいちゃん」

「どうじゃ、嫌かの?」

主人公もその気になり、

「千恵子さん、苦労も多いでしょうが、ついてきてくれますか?」

とプロポーズともとれる発言を。

千恵子先生も快諾します。

e0296069_13475291.jpg
















そして、銅鑼が鳴り、フェリーが出発すると、QL学園との試合で勝利した

ボールを網走が主人公に向かって投げつけます。

e0296069_13481698.jpg















e0296069_13491090.jpg
















「くそぅ泣かせやがって」

e0296069_13493158.jpg

















と、めでたくエンディングを迎えるわけです。




いかがだったでしょうか。

材木の母親が精神病院に入院するエピソードや、練習試合に赴く金が無く、飯場のダンプの

荷台に乗っていくエピソード、天狗岩にハッパを捜しに行く際、つり橋から落ちそうになる

主人公を見捨てる材木とモンキーのエピソード、ダムを見学に来た小学生に練習試合で

コテンパンに負けるエピソードなど、紹介したい話は尽きません。

実は原作も存在していまして、ネットで「アパッチ野球軍」のダウンロード版を

購入することができます。

更に、主人公が高校生の頃の活躍を描いた、「エースの条件」 もあり、こちらは

あぶさんで有名な水島新司先生画、オークションなどで入手可能です。


それにしても、こんなブラックなアニメ、今では絶対に製作できません!!



まあ、わざと突飛な部分だけ強調してレビューしてきましたが、

本作品を通して見ますと、実は、感動の嵐です。

自分も、見ている途中、あまりの感動に泣いてしまいました。

機会があれば、ぜひ一度は見ることをお勧めします。


レビューの最初にも申し上げましたが、さすが野球マンガの最高峰。
この作品は日本の宝です!!


以上。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-21 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(6)

アパッチ野球軍⑫

アパッチ野球軍のレビュー12回目です。

さて、アパッチ野球軍のレビューですが、いきなり主人公がアパッチ村に向かうところから

始めましたが、実は第一話で主人公、堂島剛の過去が語られています。



話は高校生だった頃にさかのぼり、

甲子園で活躍した主人公の家にスカウトが押し寄せる場面。

刑務所帰りの父親は上機嫌。

e0296069_18334360.jpg

















妹が晩御飯も食べられなくて可愛そうだからと、スカウトの方々にお引取りを願う主人公。

e0296069_18335678.jpg
















ところが父親は、

「これで契約金がまだ上がる、お前もうまくなったな!」

と、ほくそ笑んで、もらった日本酒をラッパ飲み。

e0296069_18341333.jpg

















いや~、アパッチ野球軍、こんな人間ばかりですね。

さらに主人公の知らないところで、父親は勝手に契約を結ぼうとします。

e0296069_18343354.jpg

















主人公は金に眼の眩んだ父親に対し、

「俺はプロ野球には入らん!」 と吐き棄てます。

死んだ母親のためにも、真面目に働くと云った父親の態度の変わりように嘆く主人公。

それでも勝手に契約話を進める父親に対し、主人公はとうとうビール瓶を砕きます。

e0296069_1837489.jpg

















「お、お前、何するんや! 父親に対し・・・・・・」

このコマから、父親の驚きが伝わってきます。

左目は、まるで目玉親父のよう。

e0296069_1834544.jpg

















しかし、目標は父親ではありませんでした。

自分の左手です。これで、主人公は野球ができなくなってしまいました。

e0296069_1835632.jpg

















この一件で、人が変わったように働き出した父親ですが、病気で亡くなってしまいます。

e0296069_18353787.jpg

















父親が亡くなり、妹も結婚した主人公は、恩師であるネギ監督から、今の工場の仕事を辞め、

アパッチ村の野球のコーチになることを勧められます。

e0296069_18355382.jpg

















で、船で向かった先が四国、松山の山奥でした。

e0296069_18361675.jpg


















その後は、以前も書いたとおり、

「ちくしょう、ネギ監督、一杯喰わせたな」 

です。


いや~、物凄い過去です。


最期に、これまた凄まじい放映時のサブタイトルを載せておきます。

1 傷だらけのエース 2 他国者(よそもの)は刺せ! 3 犯人(ほし)を探せ
4 白昼のダイナマイト 5 天狗岩の死闘 6 走れ!ボロ馬車
7 誘惑の町 8 黒い霧と白い球 9 死んでも離すな!
10 初陣ショック! 11 絶対ピンチ! 12 全員逆転せよ!
13 太陽に向かって打て 14 新チーム誕生 15 この旗の下に
16 秘められた熱球 17 ピッチャー網走 18 意地と根性
19 スイッチピッチャー! 20 負けてたまるか 21 アパッチ大遠征
22 ならぬ堪忍 23 するが堪忍 24 はだしの英雄たち
25 目ざせ!甲子園 26 胴上げの詩


こんなサブタイトル、いまでは絶対に問題になります!!


次回に続きます。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-19 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

TOMY オムニボット

TOMYから発売されました、初代オムニボットです。

ヤフオクで未使用新品を落札しました。

しかし、届いてビックリ。

箱がデカイ。60cm四方くらいの箱に入っていました。

まさか、こんなにデカイ物だったとは。

「KI-KU-ZO」より一回り大きい位と想像していたのですが・・・・・・

大きすぎて保管場所から出せなくなったため、オークションの写真を拝借します。

e0296069_21521285.jpg




























e0296069_21522534.jpg
















中古品は、このセンターベースが欠品している場合が多いのでご注意を。

e0296069_21523534.jpg
















e0296069_21524445.jpg
















それにしてもカッコいい。

当時の定価、39,600円。

e0296069_225166.jpg































当時、トミーが力を入れただけあって、子供の玩具のレベルではありません。

物凄いハイテクロボット。

e0296069_22272653.jpg

























ドンモより優秀かも。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-18 21:00 | インテリア | Trackback | Comments(0)

アパッチ野球軍⑪

アパッチ野球軍のレビュー11回目です。


さて、前回は村長の恫喝でも効果が無かったところで終わりました。

新しい野球チームを作らないと、よろず屋が買い占めた道具がさばけないため、

コウモリは網走に相談します。

「なあ兄貴、兄貴の力で引き抜いてほしいんや」

「よかろう、一人千円や!」

で、その作戦とは、新しい野球道具を使わせるから、こちらのチームに入れと云うもの。

e0296069_17291237.jpg

















「ほう、これはファーストミットや」

e0296069_17354062.jpg
















「たいしたモンじゃのう」

「ボールも真っ白じゃ」

e0296069_17312274.jpg
















「遠慮しねえでやれよ。そのために持ってきたんだ。 特別にお前を、俺たちのチームに

入れてやる。それとも、俺たちのチームじゃ気にいらねえとでも云うのか?」

ナイフをちらつかせて、網走が脅します。

e0296069_17313412.jpg

















「何しとる。さあ、練習じゃ練習じゃ」

雰囲気を察して、材木が解散させました。

e0296069_17314868.jpg

















みんな練習に戻り、その場は収まります。

e0296069_1732176.jpg

















しかし、そのままでは済みませんでした。

練習が終わり、オケラが帰宅する途中、道にボールが落ちているのを発見します。

e0296069_17323838.jpg

















拾おうとすると、ボールは逃げてゆきます。

e0296069_17325283.jpg

















糸のついたボールでした。

(何たるベタ!!)

e0296069_17584844.jpg

















そこに網走の登場です。

「ボールが欲しいんだろ。やるよ。しかしその代わり、お前は俺たちの野球部に

入るんだ。文句はねえな」

「そ、そんなことは」

「どうしたい! 素直にハイと云えよ」

e0296069_1733459.jpg

















逃げ出そうとするオケラに、網走はナイフを投げて逃げ道を塞ぎます。

e0296069_17331911.jpg
















もう駄目だ! とオケラが諦めそうになった時、主人公が助けに入ります。

「邪魔しやがると、承知しねえぞ。お前はもう監督でも何でもねえはずだ」

「そうやとも、クビになった先公が、何でこの村をウロチョロしとるんや。

とっとと出てったらええんや」

主人公も負けません。

「気の毒だが、人間は自由にどこへでも行く権利があるんだ。俺はこの村に

野球部がある限り踏みとどまるつもりだ」

e0296069_17333155.jpg

















主人公は逆に網走のピッチャーの才能を見抜き、スカウトしようとします。

しかし、網走は 「お前に仕込まれることなんか無い」 と、反発します。

「俺には借りがある。男同士の勝負、今日こそ決着を付けようじゃねえか!」

と対決のシーンで 「つづく」 になりました。

e0296069_17335483.jpg


















それにしても、恫喝、暴力、恐喝未遂、何でもアリですね。


次回に続きますが、ここまでしかネットにアップされていませんでした。

DVDBOXを購入しようとしましたが、メチャクチャプレミアがついてんのな。

あまりに高価すぎて、買えませんでした(泣)

続く。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-16 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

JOJO モバイルスタンド

千値練さんから発売されました、スティール・ボール・ランの

モバイルスタンド~D4C~を購入しました。

e0296069_2045225.jpg























この、微細な造りが素晴らしいですね。

e0296069_20465755.jpg






















e0296069_20471060.jpg























ネット上のショップはどこも売り切れで、オークションで何とか入手する事ができました。

ま、これでようやくジョジョスマホの置き場所ができました。

e0296069_20495564.jpg














ところでこのシリーズ、もう一種類販売されています。

それが、コチラ。

モバイルスタンド~Dio~

e0296069_20544937.jpg






















スタンドが付属していない分、上半身パーツと下半身パーツがあり、

2種類の使い分けができます。

e0296069_2055394.jpg























こちらも魅力的だったのですが、まあ、何と言いますか・・・・・・

原作のやられ方がですねぇ。

真っ二つですから。

e0296069_20593358.jpg













このシーンを意識して半分に分割したのなら、何たるブラックジョーク!!
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-14 21:00 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE