2014年 11月 16日 ( 1 )

 

原田知世 バースデイ・アルバム

学生の頃、一枚のレコードを購入した。

確か、大沼デパートのレコード売り場か、ミュージック昭和だったと思う。

面倒くさがりやの自分にしては珍しく、予約をしてまで入手した。


それがこちら、原田知世 バースデイ・アルバム。


e0296069_1829240.jpg


A面には3曲収録、

1 地下鉄のザジ
2 ダンデライオン
3 守ってあげたい

B面には2曲収録してあった。

1 時をかける少女
2 ずっとそばに

フルアルバムではなかったが、予約特典のポスターまでもらって、

ウキウキして帰路に着いたものだ。

( ポスターは、ジャケットの右下画像の物だったと記憶している。

 多分だが・・・・・・ )

e0296069_18291075.jpg



しかも、家に帰って開封して驚いた、なんとレコード盤が透明ではないか。

( 特別限定仕様 クリスタルディスクと記載されている )

オオオオオヽ(*'Д'*)ノヽ(*'Д'*)ノヽ(*'Д'*)ノオオオオオ

きっと将来、価値が上がるぞ、シメシメ、良い買い物をしたわい、

などと一人で悦に入ってよろこんでいたものだ。


「時をかける少女」や「守ってあげたい」など、レコードが擦り切れるほど聞いたし。

e0296069_18291662.jpg



時は流れ現代、ダンデライオンや守ってあげたいと云えば松任谷由実。

淋しいことだが、知ちゃんが歌っていたなんて、みんな忘れてしまっただろう。

そしてつい最近、ふとしたことで、収録曲の「ダンデライオン」の意味を知った。

歌詞がこちら ↓

 夕焼けに小さくなる くせのある歩き方
 ずっと手をふり 続けていたいひと
 風にのり飛んで来た はかない種のような
 愛はやがてくる 冬を越えてゆく
 きみはダンデライオン
 傷ついた日々は 彼に出逢うための
 そうよ運命が 用意してくれた
 大切なレッスン
 今素敵なレディーになる ♪

 つみとっとてさげたら ひとに笑われそうな
 私にできる 全てをうけとって
 ふるさとの両親が よこす手紙のような
 ぎこちないぬくもりほど 泣きたくなる
 きみはダンデライオン
 本当の孤独を 今まで知らないの
 とても幸せな 淋しさを抱いて
 これから歩けない
 私はもうあなたなしで ♪ 

 とても幸せな 淋しさを抱いて
 これから歩けない
 私はもうあなたなしで ♪


当時から、フ~ン、ダンデライオンね~

ダンデライオンってなんだろう、などと思っていたのだが、

実は、ダンデライオン=タンポポ だった。

タンポポか

 きみはダンデライオン
 傷ついた日々は 彼に出逢うための・・・・・・、って歌詞は、

 きみはタンポポ
 傷ついた日々は 彼に出逢うための、ってなるわけだ。

少し曲のイメージが変わってしまったな。


ちなみに、知ちゃんのバースデイ・アルバムだが、

価値が上がるどころか、ヤフオクで投売りされている。

たぶん、(買うと価値が下がる特技のある) 自分が購入してしまったからだ。

ごめんよ、知ちゃん。
[PR]

  by myst_1990 | 2014-11-16 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE