実録、入院日記! 1

急な入院で、しばらくブログ更新ができませんでした。

なぜにそのような状況になったのか、CLUB 80's 番外編として、

入院日記を認めたいと思います。



10日、風邪で朝から体調が悪く、仕事を休みました。

近所の内科医に診てもらいましたが、漢方薬を処方されただけ。


11日、体調が悪く、仕事休み。 どうにも胸の息苦しさが消えません。

夕方になって、熱はやや下がってきましたが、胸の苦しさはいよいよ酷くなってゆきます。

たまらず、再度同じ内科医を受診して、今度は血液検査とレントゲンを撮ってもらいました。

結果、軽度の心筋梗塞や狭心症の疑いがあるため、紹介状を書くので、

至急病院を受診するようにとの事。

えっ、心臓?

風邪をこじらせて肺炎にでもなったかと思っていたので、まさかの診断結果。

ところで、紹介状を含めた2度の受診料は、しっかりと取られました。

(最初の漢方薬代、返却させてくれ)

帰り際、病院の救急に電話を入れておいたので、至急訪問するよう念を押されました。


さて、医院の指示通り、直接病院へ行きました。

すでに夕方6時を過ぎていたためか、救急外来の窓口です。

救急の窓口を訪ねると、内科医から連絡がいっているだけあって、スムーズに事が運びます。

すぐに医療室へ呼ばれ、横になりました。

まずは問診から。

周囲には医者の卵がウジャウジャといます。

そして採血。本日2度目。 血圧。心電図。鼻からの酸素チューブ。

それらの結果を待つ間、すぐに点滴を吊るされました。

( 何か、病人フルセットです )

横になったまま、今度は心臓超音波検査。そして胸部レントゲン。

再度採血。今度は手じゃなくて、足の付け根からです。

(なぜ付け根から採血? との疑問はありましたが、胸が苦しく疑問を挟む余裕はありません)

あ、そうそう、足からの採血の前に、剃毛されました。

下ろしますよ~って男の看護師さんにパンツずり下げられて。電気カミソリで雑に。


ここで、少し先生から話を聞きます。

「今日はこのまま入院してもらいます」

え、入院? すぐこれから?

予想外の展開。

e0296069_183374.jpg




ここで着てきた服を着替えさせられ、病院服にお召し替え。

続けざまに尿道カテーテル (おしっこの管) を付けられます。

「ちょっと痛いかもしれませんが、我慢してくださいね」 なんて云われて、

男の人にチョイと摘まれ、そのまま尿道カテーテルをズブズブと入れられ・・・・・・

う~ん、どうせなら、剃毛もカテーテルも若い女性の看護士さんにして欲しかった。

それにしても、入院を通して、この尿道カテーテルが一番苦しかったです。

尿が出たい感じがするわ、動くと痛いわ・・・・・・

例えるなら、お尻の穴に棒ヤスリを入れられたような感覚でしょうか。

いや、誇張じゃなくて!!

ご年配の方なら感覚が鈍磨して、少し楽らしいんですけどね。

 (ところで、この辺の検査は、少し前後しているかもです。

  なんと云っても、胸が苦しくて、ぐったりしたままでしたから)

検査の準備でしょうか、いったん安静にさせられます。


それにしても・・・・・・この診察室、壁が薄いんでないの?

隣の部屋で話している研修医さんの話し声が、まるわかりです。

「考えられる心臓の病気・・・・・・」

「クスクス・・・・・・」

「そういえば・・・・・・」

まるで耳元で囁かれているようです。


準備ができたのでしょうか、今度は別室へ運ばれます。

心臓カテーテル検査と云うものを行うらしいです。

すでに家族も駆けつけて、検査の同意書を記入した模様。

手術室のような部屋に運ばれ、検査開始。

右手首に局所麻酔をかけられます。手首の血管を切り裂き、そこからカテーテルを挿入。

しばらくすると、

「はい、手が冷たくなるように感じますからね」

その瞬間、本当に指先がスッと冷たくなる。

ところで検査の途中、

「そっちの機械、繋がっていないと造影できないんじゃない?」

不穏な声が聞こえてくる。

「○○君は?」

「もう帰りました」

「これだけいて、誰もできないの?」

次々と飛び出す、不穏な言葉。穏やかな口調だけど、すべて聞こえているからとても不安です。


しばらくして、なんとか機器が接続できたんでしょうな。

ようやく検査が続行されました。

「造影剤を入れます。胸から上が、熱くなります」

急に、顔がポッと火照ります。

「血管のほうは、大丈夫そうですね」

嬉しい言葉が。    (〃´o`)=3 フゥ

カテーテルを抜くとき、デロッと血液が流れ出る感じがしました。

まあ、手首の血管切ったからね。 ココ ↓ 

e0296069_18252825.jpg



再度診察室に戻り、先生から話を聞くと、

「急性の心筋炎のようですね。 例えるなら、心臓の風邪ですな」

患者を安心させるためでしょう。手短な説明です。

それにしても、心臓の風邪って・・・・・・

「入院はどれくらいになりそうですか?」

「回復の度合いにもよりますが、まあ1週間から10日ってところですね」

( 家族は、年内の退院は無理だろうと聞いていた )

さて、その夜ですが、看護師さんが24時間常駐する、集中治療棟行きとなりました。

夕方5時頃に医院を受診してから、色々と検査し、この時すでに午後9時を廻っておりました。

続く。
[PR]

  by myst_1990 | 2014-12-20 21:05 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/22664154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふうちゃん at 2014-12-22 09:24 x
あらら、何やら大変なことになってたみたいで。

私も一度入院したことがあるんですが、夜中に看護婦さんが巡回してくる時に、真夜中のオペ的なことが始まらないかな、なんて想像しちゃうのは私だけですかね?
Commented by myst_1990 at 2014-12-22 20:31
>ふうちゃんへ
今回の入院で気が付きましたが、彼女達は白衣の天使です。
(ドテチンもいますが)
そんな不埒なことを考えてはいけません。

<< 実録、入院日記! 2 実録、入院日記! 序章 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE