原田知世 バースデイ・アルバム

学生の頃、一枚のレコードを購入した。

確か、大沼デパートのレコード売り場か、ミュージック昭和だったと思う。

面倒くさがりやの自分にしては珍しく、予約をしてまで入手した。


それがこちら、原田知世 バースデイ・アルバム。


e0296069_1829240.jpg


A面には3曲収録、

1 地下鉄のザジ
2 ダンデライオン
3 守ってあげたい

B面には2曲収録してあった。

1 時をかける少女
2 ずっとそばに

フルアルバムではなかったが、予約特典のポスターまでもらって、

ウキウキして帰路に着いたものだ。

( ポスターは、ジャケットの右下画像の物だったと記憶している。

 多分だが・・・・・・ )

e0296069_18291075.jpg



しかも、家に帰って開封して驚いた、なんとレコード盤が透明ではないか。

( 特別限定仕様 クリスタルディスクと記載されている )

オオオオオヽ(*'Д'*)ノヽ(*'Д'*)ノヽ(*'Д'*)ノオオオオオ

きっと将来、価値が上がるぞ、シメシメ、良い買い物をしたわい、

などと一人で悦に入ってよろこんでいたものだ。


「時をかける少女」や「守ってあげたい」など、レコードが擦り切れるほど聞いたし。

e0296069_18291662.jpg



時は流れ現代、ダンデライオンや守ってあげたいと云えば松任谷由実。

淋しいことだが、知ちゃんが歌っていたなんて、みんな忘れてしまっただろう。

そしてつい最近、ふとしたことで、収録曲の「ダンデライオン」の意味を知った。

歌詞がこちら ↓

 夕焼けに小さくなる くせのある歩き方
 ずっと手をふり 続けていたいひと
 風にのり飛んで来た はかない種のような
 愛はやがてくる 冬を越えてゆく
 きみはダンデライオン
 傷ついた日々は 彼に出逢うための
 そうよ運命が 用意してくれた
 大切なレッスン
 今素敵なレディーになる ♪

 つみとっとてさげたら ひとに笑われそうな
 私にできる 全てをうけとって
 ふるさとの両親が よこす手紙のような
 ぎこちないぬくもりほど 泣きたくなる
 きみはダンデライオン
 本当の孤独を 今まで知らないの
 とても幸せな 淋しさを抱いて
 これから歩けない
 私はもうあなたなしで ♪ 

 とても幸せな 淋しさを抱いて
 これから歩けない
 私はもうあなたなしで ♪


当時から、フ~ン、ダンデライオンね~

ダンデライオンってなんだろう、などと思っていたのだが、

実は、ダンデライオン=タンポポ だった。

タンポポか

 きみはダンデライオン
 傷ついた日々は 彼に出逢うための・・・・・・、って歌詞は、

 きみはタンポポ
 傷ついた日々は 彼に出逢うための、ってなるわけだ。

少し曲のイメージが変わってしまったな。


ちなみに、知ちゃんのバースデイ・アルバムだが、

価値が上がるどころか、ヤフオクで投売りされている。

たぶん、(買うと価値が下がる特技のある) 自分が購入してしまったからだ。

ごめんよ、知ちゃん。
[PR]

  by myst_1990 | 2014-11-16 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/22574059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふうちゃん at 2014-11-17 09:07 x
音質云々とかじゃなくて、あの面倒臭さがなんともレコードって良いですよね。
初めて買ったレコードはシングルがおにゃん子でアルバムはレベッカだったと記憶してます、小学生でした。
Commented by myst_1990 at 2014-11-17 20:55
>ふうちゃんへ
>シングルがおにゃん子で
なかなかミーハーな選択ですね。当方は、確かアルバムは、さらば宇宙戦艦ヤマトのサントラ、シングルはマッチのハイティーンブギだったような。
ちなみにおにゃん子では美奈代ちゃんと我妻佳代ちゃん押しです。

<< 米澤玩具 サイモン 日本農業 一人負け 参加国の輸... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE