ジャッキーチェン ヤングマスター師弟出馬 1

僕らのヒーロー、ジャッキーチェン!!


今回は、「ヤングマスター師弟出馬」 のレビューを。

30年前のあの日、ゴールデン洋画劇場で夢中になって見た映画です。

多分にエンターテイメント性の富んでいて、この後、天中拳、蛇鶴八拳、プロジェクトAなど、

自分が劇場に足を運ぶきっかけとなった映画でしたね。


e0296069_19352535.jpg



まずはタイトルから。

e0296069_1936119.jpg



映画の初っ端、ジャッキーが他の道場の獅子舞と対決するシーンから。

e0296069_19361831.jpg



獅子舞かぶって、クンフー対決。

およそ日本の感覚では考えられませんね。

e0296069_19362694.jpg



結局、ジャッキーは負けてしまう。

敵の黒獅子の中に、兄弟子のタイガーが入っていたのだ。

e0296069_19363396.jpg



女性向けのサービスカット。 ジャッキーのケツも含まれています。(笑)

e0296069_19364129.jpg



タイガーの裏切りは、金のためだった。

女を買ったり、敵に寝返ったりと、タイガーは破門になってしまう。

e0296069_19364954.jpg



破門にしてからの師匠は機嫌が悪い。

あちこちに八つ当たりしていた。

e0296069_19365646.jpg



堪らず、ジャッキーが口を挟む。

みんなに当たるのはやめてくれ、自分も道場を出て行く。

ジャッキーとタイガーは幼い頃に拾われて、師匠に育ててもらった孤児なのだ。

e0296069_1937592.jpg



タイガーを連れ戻せと、タイガーと同じ大扇子を渡す師匠。

しかし、これが災いの元に。

e0296069_19371320.jpg



まずは、黒獅子の道場でタイガーの居場所を探るジャッキー。

これは、名シーンの一つですね。

e0296069_1937195.jpg



その頃タイガーは、他の連中とともに、護送途中のラスボスの

脱獄を手伝っていた。

e0296069_1938594.jpg



ラスボス。

e0296069_19381824.jpg



間違いなく、これまでのジャッキーの映画史上最凶。

鉄指拳のボスなんかと比べてはいけません!!

e0296069_19382616.jpg



タイガーを捜しているジャッキーは、コミカルに敵を倒していきます。

e0296069_1938356.jpg



そんなジャッキーの前に立ちはだかるジャガー。 (ユン・ピョウ)

ジャッキーの持っている大扇子を見て、脱獄に加担したタイガーと勘違いしたのだ。


e0296069_1939848.jpg



椅子を使いますが、こんな椅子すら武器にするってのが、

拳法の凄いところだな~。

e0296069_1939303.jpg



結局逮捕され、警察署長に連行されます。

e0296069_19394138.jpg



トイレと偽って、逃げた先には底なし沼が。

どう見ても室内セット

e0296069_19395395.jpg



歌を歌えと云われ、「ロンドン橋落ちた」 を熱唱するジャッキー!!

何とか救い上げてもらいました。

e0296069_1940554.jpg



しかし非情なジャッキーは、救ってくれた警察署長を

沼の中に突き落とします。

e0296069_19402353.jpg



助けてくれ~と云われ、こんな細い弦を投げ入れ、

その隙に逃げ出す 卑怯な ジャッキー。

e0296069_20165411.jpg




見所が多い分、少し回を重ねさせてもらいます。

続く。
[PR]

  by myst_1990 | 2014-09-20 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/22404025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふうちゃん at 2014-09-22 09:01 x
キタコレ

最初の獅子舞のシーンから最後まで見所満載ですよね。

でも、やっぱり拳精が頭一つ抜けて好きなんですよ(わらい
Commented by myst_1990 at 2014-09-22 23:16
>ふうちゃんへ

それでも拳精のレビューはしません。(笑)

<< ジャッキーチェン ヤングマスタ... ジャッキーチェン クレージーモ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE