お笑いマンガ道場

さて、前回の続きです。

笑点を見ていて思い出した番組、それこそが

「お笑いマンガ道場」

e0296069_16553679.jpg



山形では、土曜か日曜の昼に放映していたんですが、

ホント面白すぎて、神のごとき番組でした。

画像は、ユーチューブにアップされていたものから拝借。

この動画をアップした人、グッジョブ!!

e0296069_16582988.jpg



司会の柏村武昭さん。 今では国会議員らしいです。

放映当初からの司会だと思っていたら、二代目だったんですね。

e0296069_1658401.jpg



川島なお美ちゃん。

このころは本当に可愛かった!!

彼女がレギュラーの頃が、マンガ道場一番の絶頂期。

マンガがスベっても、可愛いから許す!! みたいな風潮すらありました。

e0296069_170047.jpg



(画質が不鮮明だったため、ここからしばらくは、

 後期のマンガ道場からのキャプチャー)


車だん吉さん、通称だんちゃん。

タレントなのに、すごい絵が上手だった。

e0296069_1703422.jpg



「お隣さ~ん、これからゴキブリ退治の煙を焚きますんで、迷惑になると

 思いますが、よろしくお願いします」

e0296069_1704033.jpg



「いや~、ご丁寧に恐れ入ります。それじゃ2・3日旅行に行ってきます」

e0296069_1711929.jpg



鈴木義司先生。

本職の漫画家。

e0296069_1701710.jpg



「お~い、ちょっとちょっと隣の人、壁から釘が出ているよ」

e0296069_1714061.jpg



「へーい、すみませ~ん、いま藁人形打ってんで~す」

e0296069_17151100.jpg



富永一朗先生。

こちらも本職の漫画家です。

e0296069_1715825.jpg



「ちょいと、隣に越してきた人、部屋の壁突き抜けて足が出てるよ」

e0296069_17279.jpg



「すみませ~ん、何しろ、人数が多いもので・・・・・・」

この二人の掛け合いは実に見事で、いつも笑わされていました。

e0296069_1721550.jpg



最後は、『だん吉』、『なお美』の、おまけコーナー!

視聴者のハガキを紹介し、最後にだんちゃんが

プレゼントを 「もらって下さいませ」 と締めていました。

e0296069_172343.jpg



マガドンの中に、ハガキがたっぷりと詰まっていました。

e0296069_1724344.jpg



さて、人気絶頂のお笑いマンガ道場でしたが、

川島なお美ちゃんが降板した頃から陰りが見え始めました。


笑点と異なり、実際に絵を書いて見せなければならないため

テンポが悪く、いつも間延びしたような展開。

笑い声を足す演出も無かったため、見ていて白けることも。


レギュラーの方には、前もって絵を書いてきてもらい、

テンポ良く次々に発表する形式ならば、笑点同様、長寿番組になっていても

おかしくない番組だったのに・・・・・・

最終回を迎えたことは、今でも非常に残念でなりません。   ( ノД`)シクシク…

どこかで再放送してくれないかな・・・・・・

e0296069_172518.jpg



あ、三波豊和くんがゲストで出演した時は面白さが5割増しでした!!
[PR]

  by myst_1990 | 2014-07-13 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/22194703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふうちゃん at 2014-07-14 10:18 x
富永一郎先生の画風が凄く好きです。

亀山SA付近に記念館?的な何かがあった気がするので、機会があればジックリ拝見したいです。
Commented by myst_1990 at 2014-07-15 19:27
>ふうちゃんへ
ふうちゃんは、いつも予想の斜め上を選択しますよね。(笑)
富永一朗漫画館は、いずれ一度は訪問してみたいのですが、
三重県は遠いな~。

<< 加茂水族館 笑点 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE