アパッチ野球軍 おまけ②

伝説のマンガ、アパッチ野球軍のレビュー追記2回目です。


遠征する費用が捻出できず、結局ダンプで高松に向かうことになった野球軍一向。

夜明けとともに集結した、飯場のダンプ3台。

愛すべき、菅原 文太の 「トラック野郎」 を思い出しますな。

e0296069_1963955.jpg



「さあ~出発じゃ~」

オランウータンのような運転手の脇で、校長先生が先導します。

e0296069_196457.jpg



応援旗は、ムシロに墨で書いてあります。

手作り感満載!!

e0296069_1965030.jpg



応援用のトラックの荷台には、大学や網走、ハッパの父親の姿が。

e0296069_19657100.jpg



わずか500人の村人に、万歳で送り出されます。

野球軍の、期待の大きさがうかがい知れますな。

e0296069_197433.jpg



「みんな、頑張ってねー」

留守番の千恵子先生も応援しています。

e0296069_1971199.jpg



期待を受けるアパッチ野球軍の出発。

e0296069_1971691.jpg



村のメインストリートを疾走する3台のダンプ。

(何か、やくざの出入りのような)

e0296069_1972398.jpg



遠征するアパッチ達に対し、村のあちこちから声援が飛んできました。

e0296069_198224.jpg



材木やモンキーがいる、山の連中からも。

e0296069_198979.jpg



しかし、応援のダンプの荷台では・・・・・・

e0296069_1982768.jpg



網走の父親を筆頭に、飲酒で盛り上がっていました。

実は、応援する気なんか無いだろ!!

おまいら、ホント、フリーダムだな。

続く。
[PR]

  by myst_1990 | 2014-04-22 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/21915483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Levi at 2014-08-20 17:51 x
Good morning! This post couldn’t be written any benefit! Reading this specific post reminds myself of my traditional room companion! He always kept discussing this. I can forward this article to your pet. Fairly certain he’ll almost certainly have a great read. Thanks for sharing!
Commented by myst_1990 at 2014-08-23 08:53
>Leviさんへ
How are you?
アイドントアンダースタンドイングリッシュ。
Please write in Japanese.
Commented by ふうちゃん at 2014-08-23 10:12 x
まんま翻訳にかけると

おはようございます!この投稿は何のメリットも書き込むことができませんでした!この特定の記事を読むことは、私の伝統的な部屋のコンパニオンの自分を思い出させる!彼はいつも、この議論に保つ。私は、あなたのペットにこの記事を転送することができます。かなり特定の彼はほぼ確実に偉大な読み取りがあるでしょう。共有をありがとう!

いやはや、国際的になりましたな(わらい
グルメ館が健全な道だとしたら、こちらは相変わらずイバラの道で、いっそう楽しめそうです、応援してます!
Commented by myst_1992 at 2014-08-23 11:12
>ふうちゃんへ
>こちらは相変わらずイバラの道で
イバラの道って・・・・・・
レトロゲーム好きが集い、楽しくやっていけることを夢見ているだけです。今のところ、夢のままですが。(悲報)

<< アパッチ野球軍 おまけ③ アパッチ野球軍 おまけ① >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE