SOTO デュアルグリルの悲劇

新富士バーナー株式会社さんから発売されている、

SOTO デュアルグリルST-930の使用レビューです。

購入後、すぐに使用したのですが、ずっと記事にしていませんでした。

ある悲劇が起こったからです。   (||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)

まあ、それは後ほど。



さて、西にかなり陽が傾いた頃、バーベキューの準備開始です。

まずはテーブルに、ずっしりとした重量感のある本体をセット。

テーブルは、ホームセンターで売っている、プラスチックのテーブルセット。

熱が下に伝わらないか、少し心配です。

e0296069_2157847.jpg

















安全のために準備した、皮製の手袋。

これで焼けた炭の移動も安心です。

e0296069_21571921.jpg





























こちらは、炭を熾すための、ユニフレーム チャコスタmini。

e0296069_21573660.jpg

















組み立てて、セット完了。

e0296069_21574443.jpg

















綺麗に使用するため、ロゴスのお掃除らくちんシートを炭受けにセット。

かなり厚手のアルミホイルですから、バーベキューの後、剥がすだけで簡単に

掃除が完了します。

もちろん空気穴は前もってポツポツと開けておきます

e0296069_215810100.jpg

















炭は、爆ぜが少ないと評判の、なら切炭を準備しました。

e0296069_21581814.jpg

















少し高価な炭ですから、しっかりと高さが揃っています。   (*´∀`*)

e0296069_21582698.jpg

















炭をチャコスタminiに入れて、下に小さな火種 (着火剤1カケラ) を置いておくと、

放置するだけで、火が熾きます。

すっごい簡単!!  ウチワで扇がないバーベキューが、こんなに楽だとは!!

e0296069_21583775.jpg

















火が熾きたところで、炭をグリルに移し、バーベキュー開始。

(写真はイメージです。食ってばかりで、撮り忘れました・・・・・・)   (;´д`)ゞ

e0296069_21584719.jpg

















とっぷりと日も落ちて、宴の後の写真。

e0296069_21585635.jpg

















で、後片付けですが、リフター (金属の棒) で本体を少し回転、

下の空気孔を塞ぎ、蓋をするだけで火消しつぼに早変り。

これまた、すっごい楽!!

残った炭もチャンと再利用できます。

心配していたプラスチックのテーブルも、まったく無事でした。

e0296069_2159525.jpg


















と、ここまでお読みになった方、

なんでぇ~、何が悲劇だよ!!  と思われたと思います。

そうです。

悲劇は、翌朝、デュアルグリルを掃除している時に起こりました。


残った炭を箱に戻し、本体を洗い、炭受けのらくちんシートを剥がそうとすると・・・・・・

熔けたアルミホイルが、炭受けの底にベッタリと凝固していたのです。

e0296069_2241101.jpg
































何で?

そんなに火力が強かったの?

確かに、肉の脂で頻繁に火柱が立っておりましたが。

結局、剥がそうとしても剥がしきれず、

熔けたアルミホイル + 切削くずのような鋭利な端っこがザクザクと

底に残ったまま・・・・・・

それ以来、グリルは使用しておりません。

秋になったら、芋煮会の場で、また使用します。

・・・・・・できるでしょうか。

(´;ω;`)ブワッ
[PR]

  by myst_1990 | 2013-08-14 23:05 | キャンプキャンプキャンプ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/20931987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< バンダイ クレイジークライマー 最近パソコンの調子がおかしい 4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE