アパッチ野球軍⑬

本日はアパッチ野球軍のレビュー最終回を。

(長々とレビューをしてきて、反響が皆無でしたが・・・・・・)

最終話にふさわしい、アパッチ野球軍、いや日本野球アニメ界屈指の  名シーンです。



その極めつけのシーンがこちら。

高校球界の名門校、QL学園との練習試合、このバッターを抑えれば勝利と云う

クライマックス中のクライマックス場面。



e0296069_13365417.jpg
















e0296069_13372238.jpg

















しかし爪が割れ、血染めのボールで力投を続ける網走のボールを

長島似のバッターがジャストミートしてしまいます。

e0296069_13382837.jpg
















e0296069_13392619.jpg

















しかし、そのホームラン性の当たりに対し、モンキーは諦めず、

e0296069_13401439.jpg
















フェンスを飛び越え、

e0296069_13404342.jpg















グローブを脱ぎ捨てると、スコアボードをよじ登り

e0296069_13412181.jpg
















更には時計をも超え

e0296069_13415480.jpg
















スコアボード最上段で

e0296069_13422483.jpg
















魂の捕球!!

e0296069_1343883.jpg
















「ケァー! ワーイ、捕ったどーーー!!」

e0296069_13434194.jpg
















呆気に取られたアンパイアが思わず

e0296069_13442854.jpg

















スリーアウト、ゲームセット!! と絶叫。

e0296069_13451450.jpg


















いや、これはどう考えてもホームランでしょう。

どうやらルールまでもが治外法権だったようです。







4対3、誤審によるこの奇跡の逆転勝利は、読書新聞にも掲載されます。

e0296069_13461218.jpg

















主人公は、この勝利により、山 (猪猿村) を下りることを決心します。

以下は千恵子先生との会話。

「僕の役目は終わりました。僕はアパッチ共を野球というものを通じて人間に立ち戻らせるために、

この村にやってきました。そして彼らは見事に独り立ちできるようになったのです。」

「でも、これからどこへ行かれるんですの?」

「わかりません、北海道の山奥か、太平洋の離れ小島か、きっとどこかにこの猪猿村のように

野球を知らない子供たちがいるでしょう。そんな所があったら、私はまた野球を教えに行きます。

その子供たちが何者にも負けない強い人間に育ってくれるよう祈りながら、一生この仕事を

続けるつもりです」

そして、主人公がフェリーで四国を離れる場面、野球軍の連中が集まってきました。

e0296069_13473370.jpg


















「おいみんな、甲子園で優勝したら、監督を胴上げするんだ。今日は俺たちが優勝したと

同じめでてぇ日じゃねえか。さあ、監督を胴上げにしようぜ」

あれほど対峙していた網走が、胴上げの先頭に立ちます。

e0296069_20343627.jpg
















さらに、校長先生も

「なぁ堂島君、ちょっと。実はその、なんじゃ、君の在任中、わしは何もしてやることが

できんかった。 じゃから、その、土産を一つ持っていってもらいたいんじゃ」

「そんなご心配は」

「いやまあ、荷物になるかもしれんが、これを持っていってくれんか」

と、千恵子先生を押し出します。

「それが、わしの土産じゃ」

校長、孫をモノ扱い。

e0296069_2154511.jpg

















「まあ、おじいちゃん」

「どうじゃ、嫌かの?」

主人公もその気になり、

「千恵子さん、苦労も多いでしょうが、ついてきてくれますか?」

とプロポーズともとれる発言を。

千恵子先生も快諾します。

e0296069_13475291.jpg
















そして、銅鑼が鳴り、フェリーが出発すると、QL学園との試合で勝利した

ボールを網走が主人公に向かって投げつけます。

e0296069_13481698.jpg















e0296069_13491090.jpg
















「くそぅ泣かせやがって」

e0296069_13493158.jpg

















と、めでたくエンディングを迎えるわけです。




いかがだったでしょうか。

材木の母親が精神病院に入院するエピソードや、練習試合に赴く金が無く、飯場のダンプの

荷台に乗っていくエピソード、天狗岩にハッパを捜しに行く際、つり橋から落ちそうになる

主人公を見捨てる材木とモンキーのエピソード、ダムを見学に来た小学生に練習試合で

コテンパンに負けるエピソードなど、紹介したい話は尽きません。

実は原作も存在していまして、ネットで「アパッチ野球軍」のダウンロード版を

購入することができます。

更に、主人公が高校生の頃の活躍を描いた、「エースの条件」 もあり、こちらは

あぶさんで有名な水島新司先生画、オークションなどで入手可能です。


それにしても、こんなブラックなアニメ、今では絶対に製作できません!!



まあ、わざと突飛な部分だけ強調してレビューしてきましたが、

本作品を通して見ますと、実は、感動の嵐です。

自分も、見ている途中、あまりの感動に泣いてしまいました。

機会があれば、ぜひ一度は見ることをお勧めします。


レビューの最初にも申し上げましたが、さすが野球マンガの最高峰。
この作品は日本の宝です!!


以上。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-21 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/19951322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 最近ハマった人 at 2014-04-15 10:58 x
はじめまして。
実はとあるMAD作品(チャージマン研×アパッチ野球軍)を見てからこの作品に興味を持ち、動画を見て、いろいろ情報収集してるうちにこちらのブログにたどり着きました。
網走はかっこいいけど、周辺エピソードや最後の涙を見てると、だんだん可愛らしく思えてきました。
DVDボックスを手に入れたいんだけどなぁ…
Commented by myst_1990 at 2014-04-15 17:18
>最近ハマった人さんへ
始めまして。
何気に、アパッチ野球軍の記事で、初めての反響です。(嬉)
DVDボックスはぜひとも入手してください。
全編通して視聴しますと、恐ろしいほどの完成度ですよ!!
アパッチたちのように、物事の善悪より、欲望の虜になりましょう。
Commented by 最近ハマった人 at 2014-04-17 06:45 x
コメントへの返信ありがとうございます!
モンキーと材木の使い込みシーンはほんっと生生しくて…ある意味校長はちゃんと子供たちを見てたんだなというか…
ハッパは、なんか頑張ってダイコンに告白したのに、ダイコンはその意味すらよくわかってなかったというのが悲しい…ラストのダイコンの命がけの捕球シーンが見たかった…
そして網走が可愛くて辛いです。DVDボックスがアマゾンで六万円と聞いてどうしようかと悩んでます。
Commented by myst_1990 at 2014-04-20 18:26
>最近ハマった人さんへ
ヤフオクですと、もう少し安価で入手できますよ。
DVDボックスを購入したくなるよう、明日からアパッチのレビューを数回追加しましょう!!
ふうちゃんからもリクエストを受けていましたし。
Commented by 名無し at 2016-10-06 07:31 x
最近になってアニメを見始めた者です。
こういった同じ感想を持った方のブログを探していたので、一気に読ませて頂き、とても楽しかったです。
Commented by myst_1990 at 2016-10-07 23:37
>名無しさんへ
はじめまして。
最近、見始めたってことは、お若い方でしょうか?
同じ価値観の方にコメントいただけると、とても嬉しく感じます。
どうかドップリとはまって下さい。

<< 日ペンの美子ちゃん アパッチ野球軍⑫ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE