アパッチ野球軍⑪

アパッチ野球軍のレビュー11回目です。


さて、前回は村長の恫喝でも効果が無かったところで終わりました。

新しい野球チームを作らないと、よろず屋が買い占めた道具がさばけないため、

コウモリは網走に相談します。

「なあ兄貴、兄貴の力で引き抜いてほしいんや」

「よかろう、一人千円や!」

で、その作戦とは、新しい野球道具を使わせるから、こちらのチームに入れと云うもの。

e0296069_17291237.jpg

















「ほう、これはファーストミットや」

e0296069_17354062.jpg
















「たいしたモンじゃのう」

「ボールも真っ白じゃ」

e0296069_17312274.jpg
















「遠慮しねえでやれよ。そのために持ってきたんだ。 特別にお前を、俺たちのチームに

入れてやる。それとも、俺たちのチームじゃ気にいらねえとでも云うのか?」

ナイフをちらつかせて、網走が脅します。

e0296069_17313412.jpg

















「何しとる。さあ、練習じゃ練習じゃ」

雰囲気を察して、材木が解散させました。

e0296069_17314868.jpg

















みんな練習に戻り、その場は収まります。

e0296069_1732176.jpg

















しかし、そのままでは済みませんでした。

練習が終わり、オケラが帰宅する途中、道にボールが落ちているのを発見します。

e0296069_17323838.jpg

















拾おうとすると、ボールは逃げてゆきます。

e0296069_17325283.jpg

















糸のついたボールでした。

(何たるベタ!!)

e0296069_17584844.jpg

















そこに網走の登場です。

「ボールが欲しいんだろ。やるよ。しかしその代わり、お前は俺たちの野球部に

入るんだ。文句はねえな」

「そ、そんなことは」

「どうしたい! 素直にハイと云えよ」

e0296069_1733459.jpg

















逃げ出そうとするオケラに、網走はナイフを投げて逃げ道を塞ぎます。

e0296069_17331911.jpg
















もう駄目だ! とオケラが諦めそうになった時、主人公が助けに入ります。

「邪魔しやがると、承知しねえぞ。お前はもう監督でも何でもねえはずだ」

「そうやとも、クビになった先公が、何でこの村をウロチョロしとるんや。

とっとと出てったらええんや」

主人公も負けません。

「気の毒だが、人間は自由にどこへでも行く権利があるんだ。俺はこの村に

野球部がある限り踏みとどまるつもりだ」

e0296069_17333155.jpg

















主人公は逆に網走のピッチャーの才能を見抜き、スカウトしようとします。

しかし、網走は 「お前に仕込まれることなんか無い」 と、反発します。

「俺には借りがある。男同士の勝負、今日こそ決着を付けようじゃねえか!」

と対決のシーンで 「つづく」 になりました。

e0296069_17335483.jpg


















それにしても、恫喝、暴力、恐喝未遂、何でもアリですね。


次回に続きますが、ここまでしかネットにアップされていませんでした。

DVDBOXを購入しようとしましたが、メチャクチャプレミアがついてんのな。

あまりに高価すぎて、買えませんでした(泣)

続く。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-03-16 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/19805731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< TOMY オムニボット JOJO モバイルスタンド >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE