アパッチ野球軍⑦

アパッチ野球軍のレビュー7回目です。

さて、本作は野球漫画のはずですが、

野球そっちのけで村の村長選挙が話の中心となってしまいます。


現村長に対抗し、村の利権を一手に得ようと、よろず屋(コウモリの親父)が

立候補したのです。

e0296069_23171026.jpg
















e0296069_23172865.jpg

















よろず屋はダム派の票も取り込むために、選挙参謀を網走の親父に依頼します。

網走の親父は、非常に悪知恵が働くため、選挙違反スレスレの運動を

よろず屋にアドバイスします。

名付けて、「黒い霧事件」の追及。

e0296069_23181527.jpg

















気になる黒い霧事件とは何か! 

それこそ材木とモンキーが使い込んだ5万円だったのです。

「寄付した5万円はどこへいった。なぜ村長は究明しないのか。」

よろず屋が気炎を上げます。

さらに村長の娘が堂島先生に惚れているから、村長は野球部を野放しに

しているんだと、徹底的にネガティブキャンペーンをはります。

e0296069_23185960.jpg

















たまらず主人公が弁解しようとすると、網走の親父がさえぎります。

「選挙演説の邪魔をしようってのかい。つべこべ抜かすんなら、5万円もってこい。

それとも、いま返しにきたのかい?」

e0296069_15562689.jpg

















してやったり、の悪人面。

よろず屋は野球部は廃部にすべきだと、何も知らない村人に訴え続けます。

e0296069_15561251.jpg




















さて、黒い霧事件のせいで、野球部が廃部になるかもしれないと聞いた

材木とモンキーは、二人で

コウモリを誘拐してしまいます。

e0296069_23192439.jpg

















材木が、手斧を取り出し

e0296069_23195997.jpg

















「よくも、野球部のことを! キサマのような奴は叩き殺してくれる!」

と、振り上げます。

e0296069_23202460.jpg

















アッ、やばい、と画面からモンキーの驚きが伝わってきます。

e0296069_23204142.jpg

















コウモリも一瞬にして顔色が変わります。

e0296069_2321126.jpg

















コウモリが惨殺される瞬間、何とか主人公が間に合いました。

それにしても、材木は怖いです。とても高校生とは思えません。

e0296069_2321364.jpg

















コウモリが逃げていった後で、主人公が云います。

「おまえたち、どうして野球の練習をしないんだ?」

材木がふさぎ込みます。

「わしたち、どうすりゃエエんじゃ、あの5万円を使ってしまったばっかりに、

こんなことになっちまって」

モンキーも頭を抱えます。

「おらたち、申し訳がたたん」

主人公は云います。

「過去は誰にでもある。それを自分の利益や選挙なんかに利用するやつが汚いんだ」

素晴らしいです。

指導者のカガミですね。


素晴らしいところで続きます。
[PR]

  by myst_1990 | 2013-02-12 21:00 | 映像・音楽・本 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://omnibot.exblog.jp/tb/19691361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 松島工業? INFERNO 将棋パズル >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE